クアラルンプール旅行でおいしいのはごはん


2
画像参照:McKay Savage

旅行に出かけるならマレーシアのクアラルンプールを勧める人も少なくありません。
観光する場所も多く、ごはんもおいしいとあって人気の旅行先となります。

特に多民族国家といわれているマレーシアでは、おいしい店だけが存在しているといっても過言ではないでしょう。
マレー系、インド系、中国系と3種の民族が人口の多数を占めているマレーシアならではのおいしいものがたくさんあります。

チリペーストとココナッツミルクが決め手といわれているマレー料理は、
マレーシアならではの料理として非常においしいものです。
ハーブの独特の味わいとココナッツミルクの優しい甘さ、さらに後からじわじわと喉の奥からやってくる辛さは
癖になるといわれています。

ココナッツミルクを用いた代表的なマレー料理としては「ナシレマッ」があげられます。
ナシレマッは、ココナッツミルクで炊いたごはんです。

また、クアラルンプールでは美味しい中国料理も多数楽しめます。
中国から来た人々が伝統の文化を披露しており、飲茶では食べきれないほどおいしいものがあります。

インド料理も見逃せません。北インド料理で有名なセレブが多いといわれているレストランばかりではなく、
インド料理を堪能できる場所は多々存在しています。
屋外レストランでは南インドのスパイシーな味わいをじっくり味わえるのです。

リーズナブルな料理が多く旅行でごはんに決して困らない土地、それがクアラルンプールといえます。
おいしいものがありすぎて、帰る時にはベルトの穴が一つ大きい方に行く場合も、旅の良い思い出となるでしょう。